入会・体験 随時受付!~詳しくはこちらをクリック~

いろはにほへと日本語教室フィレンツェ・幼児クラス4月の様子

2021年一学期はオンライン授業でのスタートとなりました。
画面越しではありますが、毎回子どもたちの楽しそうな様子に、こちらも元気をもらっています!

新しいお友達も増えて、新メンバーでスタートした4月の幼児クラスの様子をご紹介します。

いちご&かご

絵本
『はるをみつけたよ』平野恵理子作/福音館書店

4月!といえばやっぱり
この絵本は毎年、この月に幼児クラスで読み聞かせをするのですが、春の生き物や食べ物がいろいろ出てきます。
中にはイタリアではめったにお目にかかれないものも(『ふきのとう』とか…)。
いつの日か、本物を見たときに「聞いたことがあるような…」って思い出してもらえたらと思います。

さて、春の定番といえば、やはりみんな大好き、いちご!!
工作で、いちごといちごを入れるカゴを作りました。

みんなのおうちにあるもので作ったんですが、大きさも色も柄もさまざまで、かわいくておいしそう😍ないちごがたくさん出来上がりました♪
たくさん作ってお店屋さんごっごなんかもできますよ!おうちでも遊んでみてくださいね。

桜の木

絵本
『まっすぐ まっすぐ』松竹いね子作/福音館書店
絵本 まっすぐまっすぐ
おばちゃんの家におつかいをするきょうこちゃんのお話を聞きました。
途中、色々なお花や珍しい生き物がいたりして、迷子も続出。
この時期はやっぱり、たくさんお花が色とりどりに咲いて、心もウキウキしますね。

日本では、やはり春と言えば『』。
この時期に欠かせない風物詩です。
ということで、折り紙作品『桜の木』を作りました。

授業のあと、お家で色をつけて仕上げたよ!と写真を送ってくれました。
生き生きとした木の幹と下に生えている草、きれいなお花も印象的です。
春らしい色のバランスが抜群の、とてもいい作品ですね。


借り物競争

絵本
『たいへんなひるね』さとうわきこ作/福音館書店

春が来たはずなのに、なんだかさむ~い…ばばばあちゃんのお話。
ちょうど今年のイタリアもそんな感じでした。

お話の中では冬眠中の動物や虫たちを起こして、冬をあっちに追い払おう!と色々なものを集めたり、探しに行ったり。
ということで、今日はみんなで借り物競争!

先生が出したお題の中から、お家にあるものを探してきてもらいました。

借り物競争 黄色いものを探せ!

こちらは、お題「黄色いもの」。絵本ぬいるぐみおもちゃのチーズバナナパズルなどなど色々な黄色いものが集まりましたよ。

みんなが持ってくるスピードが速くて、驚きました!
そして、各ご家庭によってバラエティに富んだものが出てきたり、大好きなキャラクターがわかったりと、楽しい時間でした。
子どもたちも、ご自慢のおもちゃを披露できて、楽しそうでした♪

お花を作ろう!

絵本
『のげしとおひさま』甲斐信枝作/福音館書店

道の脇でひっそりと咲く、のげしのお話です。
いつもじっと咲くばかりで、自由に飛び回る虫などが羨ましいのげしは、おひさまにお願いして、遠くに行くことに成功しました!
ちなみにのげしの花言葉は『見間違っては嫌』。
タンポポに似ているから?と思ったら、葉の形がケシに似ているからだそう…!

今日は、おうちにある色のついた紙を使ってお花を作りました。
とっても簡単だけど、たくさん作って花瓶やマグカップに入れておくと、お部屋の中がパッと明るくなります。

おはな

なぞってみたよ

絵本
『なぞってみたよ』福知伸夫作/福音館書店

今回はいつもとちょっと違う絵本です。
おうちの中にあるものや、いるもの、家族まで!いろんなものをなぞってみると、面白い形の絵ができあがり!

ということで、みんなそれぞれ、なぞってみました。

簡単な形のもの、パッと見は難しい形だけどなぞってみるとものすごく簡単で逆にわからないもの、いつも見ているのになぞるとまったくイメージが変わってしまうもの…色々ありました。

ちなみに、上のなぞってみたものの正解はこちら。

なぞってみたよ

大人がうーんと唸ってしまうものでも、子どもたちは結構簡単に当ててみせたり、なかなか頭を使った時間になりました。

ロケット発射!

絵本
『おなかをみせて!』島津和子作/福音館書店

春と言えばお花だけではなく、たくさんの動物や虫たちが生まれて動き出しますね。
絵本の中には色々な生き物が出てきます。ふだん、私たちの目線だと上からの姿しか見えませんが、絵本の中では生き物たちのおなかを見せて!と、裏側の姿がたくさん。
こんな風になっているのね、という生き物もいました。

春の生き物の代表と言えば、ブンブンブン…♪でおなじみの、ハチさんですね。
みんなでブンブンブンのお歌を歌って、お空を飛ぶものということで、
今日の工作はハチ…ではなく、ロケット!!
飛行機に乗ったことある人~?の質問には全員「はーい!」でしたが、さすがにロケットは「ない…」でしたね😅

こちらもとてもシンプルな仕組みの工作ですが、意外とよく飛ぶんです!



いつものお教室も画面越しとはいえ、楽しそうに参加してくれる子どもたちですが、自分で作ったロケットがうまく飛んだ瞬間、満面の笑み!!😄😄😄
見ている私たちもうれしくなりました。

単純な仕組みと言いつつ、子どもたちが自分だけで作るのはちょっと難しいぐらいの難易度。
無事、完成して飛ばせたのは、横でお手伝いしてくださる保護者のみなさんのおかげです!

もうすぐお出かけも自由にできるし、お教室で一緒に工作やお歌ができる日も近いかな!?早くその日が来ますように、楽しみです!!