入会・体験 随時受付!~詳しくはこちらをクリック~

当教室について

いろへにほへと日本語教室は、フィレンツェの日伊文化交流協会IROHAが主催する満3歳から6歳(幼稚園年代)と満6歳から12歳(小学生年代)の子どもたちを対象とした継承語としての日本語教室です。

代表から

国境を越えた人の移動が活発になっていく現代世界にあって、国際結婚など様々なきっかけによって海外で生活し、子育てをする機会を得る日本人はこれからますます増えていくことが予想されます。
そのような中、バイリンガルやトレリンガルといった多言語環境で育つ子どもたちに、日本の言葉である日本語のみならず、日本の文化や習慣にも親しむきっかけや場所を作り出すことが、当教室の開催趣旨です。

当教室では、満3歳から6歳を対象とした「幼児クラス」、満6歳から12歳を対象とした「読み書きクラス」のいずれも、日本人の教師による日本語でのクラス運営が行われます。

子どもたちが物心のつく幼児のうちから、日本語で自然にお話を聞いたり、お話しをしたりすることで、日本語を「見知らぬ外国語」ではなく、「父母から受け継ぐ私の言葉のひとつ(=継承語)」として体感できることが大切となります。

日本語をきちんと習得することももちろん大事ですが、それ以上に子どもたちが日本語を自然に使い、日本語と日本文化に親しむことが、子どもたちが成長するにあたって自分の中にある「日本」を大事に思う気持ちの土台になります。

また、なかなか自分自身が体験したことのない、多言語環境での子育てについて、同じ悩みやテーマを持つ保護者同士が交流する場所としても、当教室をご利用いただけます。

ご興味、ご関心をお持ちの方、「入学お申し込み・お問い合わせ」ページより、いつでもご連絡ください。

いろはにほへと日本語教室 代表 嶋田曜子

いろはにほへと日本語教室フィレンツェの特長

  1. 少人数クラスで行き届いた指導
    一人一人の性格や家庭環境等を担任講師が把握していますので、それぞれの子どもに応じた指導に努めています。お話は上手だけど書くのは苦手な子、大人しいけど漢字は誰にも負けない子、数字だったら日本語でたくさん言える子…、それぞれの個性を見つけて伸ばしつつ、苦手な部分も一緒に少しずつできるように指導しています。
  2. 伝統的な日本の行事の紹介
    単に日本語で日本語教育を行うというだけでなく、家庭だけではなかなか難しい、季節ごとの行事を授業で紹介しています。特に幼児クラスは、毎月、その季節をテーマにした絵本や工作、お歌を取り入れ、少しずつ記憶に残るように繰り返しお話していきます。
    また、通常の授業の枠を超えて、節分・ひな祭り・こどもの日・秋祭りなど日本文化の活動を行っています。それぞれのイベント年代の違う子どもたちが一緒に活動する機会となり、お互いに良い刺激を受けあっていることも当教室の特長です。
  3. みんなが安心できる居心地の良い教室
    いろはにほへとのお教室は、各クラスの活動のために専用に用意された場所です。ちょうどお友達か親戚を訪ねてきたかのように、来た時と帰る時にはきちんとご挨拶をして、お教室の中ではよそのお家にお邪魔する時の日本のマナーもしっかり学びます。
    送迎でいらっしゃる保護者の方からも、「いろはに来ると、親戚の家に来たみたいでホッとします」とおっしゃっていただくこともあり、同じ環境にいる保護者の方同士でも話がしやすい安心できる空間づくりを心がけています。

クラスごとの詳しい内容、教室の場所等はそれぞれのボタンをクリックしてください。

 

教室での子どもたちの様子はブログ記事のほか、各種SNSでも紹介しています。
ぜひ、ご覧ください。フォロー・シェアも大歓迎です!!