入会・体験 随時受付!~詳しくはこちらをクリック~

いろはにほへと日本語教室フィレンツェの一学期が始まりました!

一学期の始まりです!

夏休みや冬休みに比べて短い春休みが終わり、あっという間に一学期がスタートです。

幼児クラスから読み書きクラスへ上がった子どもたち、読み書きクラスでまた学年が一つ上がった子どもたち。それぞれに、新しい生活やお勉強の量も増えて大変だと思いますが、今までのように積極的に日本語や日本文化に楽しみながら触れていってほしいものです。

日本の新年度はなぜ4月から?

ところで、イタリアの学校は9月で学年が変わるのに、日本の学校はなぜ4月から新年度がスタートするのでしょうか。

実は、これが決められたのは明治時代のこと。

当時、日本の主産業は稲作だったので、政府の主な収入源は農家のお米でした。
といっても税金の納入はお米の現物ではなく、それを現金化したものだったので、農家が秋にお米を収穫し、それを現金に換えて納税し予算を編成すると1月では間に合わず、4月からとするのが都合がよかったのです。

これに合わせて、当時は入学・進級・卒業などは時期が定まっておらず人によってバラバラだったのが、学校年度も一斉に4月から開始と定められたとのこと。

意外な由来があったんですね!

今年度も元気に頑張りましょう!

春は心機一転、気分も入れ替わって新しいことに取り組みやすい季節ですね。

特に読み書きクラスでは新学年に上がるごとにだんだんと教科書の内容が難しくはなりますが、まさに『継続こそ力なり』。

卒業していった子どもたちも、やはり長く一生懸命続けてきた子はきちんと6年間の成果につながっているように思います。
途中でくじけそうになることもあるかと思いますが、ぜひ、あきらめずに今年も一年、頑張りましょう!!

今年度もどうぞよろしくお願いいたします。